プロフィール

Pocket

管理人ひすいちとその来歴について

ようこそAffiliater’s Gulid Blogへ。

僕は管理人の”ひすいち”と申します。

 

当ブログでは僕が取り組んできた、

アフィリエイトに関する情報を提供しています。

皆さんのアフィリエイトビジネスの一助になれば幸いです。

 

せっかくですので、

簡単に僕、”ひすいち”の自己紹介をさせていただきます。

 

現在は僕は一般的な就業というのは現在しておりません。

アフィリエイトを主軸としたネットビジネスで生活しています。

 

といっても今まで社会に出たことが無いというわけでは無く。

それなりに社会人はやってきました。

簡単に来歴を紹介してみようと思います。

 

◆携帯電話の併売店で働く

まず僕が社会人としてデビューした頃から。

2007年頃に携帯電話の派遣スタッフとして働き始めました。

時給1350円という魅力につられてのものでしたね。

 

勤務先は街の小さな携帯ショップ。

併売店という多数のキャリア(携帯会社)の製品を扱う、

販売専門店というところですね。

 

どんな仕事でもそうですが、

入ったばかりの時は覚えることがたくさんあって、

日々勉強をする毎日でしたね。

最初の勤務先は人数も少なかったのでなおさら。

 

また当時は携帯電話が安値→高値に変動する時で、

割賦販売(分割払い)という方式が始まったばかり。

それまで機種変更一括1万円とかだったのが、

急に5~6万になってお客さんへの説明にも一苦労したもの。

 

それでもしばらくは売上好調でしたけれど、

高値になるということは頻繁に買い換えなくなるもの。

値段の安さが売りだった併売店は徐々に追いやられ、

最初の勤務先も2年程で閉店することになりました。

 

◆携帯電話ショップで働く

といってもそれで職を失ったわけではなく。

その本社の契約社員に鞍替えする形で、

新しい勤務先へ配属されることになりました。

 

それはキャリアショップ。

docomoショップ、auショップ等の携帯ショップです。

僕はau→docomoという順でショップスタッフしてました。

 

キャリアショップでは販売だけじゃなくて、

修理(テクノ)、通信(光、Wi-Fi)等も取り組むので、

まぁ覚える知識量は一人前になるだけでも、

数ヶ月は余裕でかかるほど。

 

お給金はそれなりにいいんですけどね。

正直次から次に新しいサービス、商品が登場するので、

知識をとどめておくだけでもけっこう苦労しました。

 

あとは接客業ならば誰でもぶち当たりますが、

クレーム(ご指摘)の対応がかなり心を削ってきますね。

料金、サービス、スタッフの態度、製品の故障、etc…

 

本当に困っているお客様への対応は、

真摯に対応するべきなのでそれは当然なんですが、

時々折り合いがつかずヒートアップしちゃう人もいるわけで。

 

一応あの仕事は販売ノルマみたいなのもあるので、

そういったクレーム処理に時間を取られてしまうと、

会社からは業績で、お客さんからはご指摘で、

その対応のために一日を棒に振るってことも多かった。

 

この頃から心にモヤっとしたものが溜まってましたね。

休日は一定数あったのでブラック企業ではないけど、

上記のような件が数週間単位で継続すると、

勤務時間で出来ない会議資料作成とかは、

家で連日、睡眠時間削って作ったりとかしてましたし。

 

あまり心が休まるような職場ではなかったので、

まだ20代後半とはいえ…このままでいいのだろうかと。

何かやりたいことと違うことに時間を費やしている感じで、

個人的にですけどしっくりこない人生だなぁとね。

 

時に、一般論としてですが。

通常、人生の成功者と呼ばれる者たちの道…

「サクセスロード」とでもいいましょうか。

 

いい高校を出て、一流大学を卒業し、

一流の企業に勤めて、結婚をして、子を授かる。

やがて、一流企業の幹部となって会社を運営する。

 

まぁ、よく聞く内容ですよね。

こういう人生を順風満帆で歩める人がどれだけいるのか?

 

「僕の人生って、こんなにつまんないものだったのか」

 

何というか。

未来が見えなくなっていました。ええ。

 

◆いんちきネットビジネス

このまま腐っていてもしょうがない!

と思い直して、何か自分を変えることができるもの。

そんなきっかけはないものかと探していると…

 

「簡単作業で誰でも月100万円稼げる!」

 

…目ん玉ひん剥いて確認しましたよ。えぇ。

月100万円ですよ?おまけに簡単作業で誰にでも?

それが本当なら今の状況を脱却できるかも!

 

携帯派遣の仕事ですと、

月に20~30万円くらいが相場です。

どういうことやねん(笑)

いや、ホント笑っちゃいましたコレ。

だってこんなのあったら、

今までの自分の価値ってなんなの?ってなりませんか。

こうなったら僕もやったるぜと一念発起しました。

 

さっそく【簡単・即金・確実】がウリの教材を購入。

はじめての情報教材というものの購入…

何て名前だったかも憶えてないんですが(汗)

そんなわけで早速実行に移します。









《結果》

…(´っω・`)ムリポ・・・

いやぁ、情けないです。ぜんぜん続きませんでした。

1ヵ月も続かなかったですよ(汗)

だってね。

 

・稼ぐためにはこのマニュアルを転売してください。

・それを不特定多数の方に配ってください。

・たくさんの人にメール配信すれば購入する人も増えますよ。



……

…それは迷惑メールだろう。

上記を取り組みの中で理解してしまい、挫折。

 

なまじっか、携帯業界でウンザリするほど対処してきた、

迷惑メールと呼ばれるもの。

それを自分でやろうだなんて気にもなれず、

一気にモチベーションが下がってしまいましたね。

第1の取り組みは失敗に終わりました。

 

◆ノウハウコレクターへの道

最初のノウハウで挫折してしまい、

自分にはネットビジネスは無理なんだろうか…

そんな考えが頭をよぎる様になります。

 

自分には無理なんだろうか?

所詮は一部の頭のいい人間にしかできないことなのか?

 

しかし…

それでは未来が見えないままだ。

そんな人生は絶対嫌だ!!

 

一旦は落ちていた灯をもう一度心に宿して。

今度は稼ぐということがどういうことなのかを、

一から学びなおしました。

 

情報商材も本物か偽物かわかんないけれど、

稼ぎのタネになればと買い漁り…

いつしか立派なノウハウコレクターとなって、

累計100万円近く商材につぎ込んで。

 

それでも稼ぐことができない日々が続き、

道を再び外れそうになったこともあります。

けれど、それは無駄にはなっていなかったのです。

 

◆実践を糧に

ちなみにノウハウコレクターというのは、

稼ぐための教材を買っても実践を大してせず、

これは合わないと次々に教材を買ってしまう人のこと。

 

稼ぐために投資するのはいい考えですが、

回収できなければ本末転倒になるということです。

 

 

僕も買い漁るのはやめて、

一つの教材に一点集中して取り組んだ結果、

成果が徐々に生まれ始めたんですね。

 

僕が取り組んだものはアフィリエイトでした。

 

◆Affiliater’s Gulid Blogにて

アフィリエイトは楽に稼げると聞いた人もいるでしょうが、

最初から楽に稼げるというわけではありません。

 

しっかりと作業を実践し基盤を作り終えた上でなら、

作業時間を割かなくても収入が自動で生まれるようになる。

これがアフィリエイトの自動収入というメリットです。

楽に稼げるというのはこの段階に到達した人のことを言います。

 

とはいっても、

それは一部の才能のある人だけではなくて、

正しい方向性で時間を割けば誰でも到達することが出来る。

それもアフィリエイトにおけるメリットです。

 

当ブログのコンセプトとしては、

アフィリエイトの初心者にフォーカスして、

どうすれば稼げるようになるのかの道筋を示していきます。

 

ネットで稼ぐことに興味のある人は、

ブログ内のコンテンツで学んでみてください。

 

 

サブコンテンツ

ゲームとトレンドを融合

デザインサイト作成ツール



高機能と使いやすさをあわせ持つ、サイト作成ツール。
これ一本で魅力的なサイトを量産できます!
特に【上位版】はスマホ作成にも対応していて、使い勝手抜群です!

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」
>>【上位版】購入者特典

王道ブログアフィリ教材


ブログを使うアフィリエイトとして王道、かつ即効性が出るように無駄が徹底的に省かれたノウハウを利用し、稼ぎを確実なものに導く教材です。

【LUREA】商品ページ

WordPressでSEO対策


SEOにおいて絶大な効果を誇る、最強ホームページテンプレート。
導入すればあなたのサイトの検索順位も大幅アップ!

賢威テンプレート商品ページ
購入者特典

特典をあなたの武器に


購入者に向けて魅力的な特典を用意することもアフィリエイトでは有効な戦略です。
金運成就Ⅱならその特典を一挙に用意することができます。

【金運成就Ⅱ】商品ページ

2ティア募集中!

無料レポートスタンド

「PR」初心者向けオススメ教材

「PR」集客用オススメ教材

このページの先頭へ