先日はiPhone5が発売されるにあたって

何で購買意欲がそそられるのかと書きました。

そこで3つポイントを挙げました。

「ブランド」「デザイン」「共有意識」です。
今回はそのポイントについてちょっと掘り下げて

考えてみようかなと思います。
続きは後半にて。

 

■Pick UP!□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「スマートフォンアフィリも最近白熱していますね!」

21日にiPhone5が発売がほぼ確定しており、

ユーザーが爆発的に増えることが予想できます。

稼ぎを加速させるチャンスに取り組んではいかがでしょう?

いますぐチェックしてみる!

 

<大反響により!【販売再開決定!】スマホアフィリの全貌を公開!>
シークレット映像+専用ツール&テンプレート付きで…

今だけ限定特別価格3,000円!
『スマートフォンアフィリエイトレボリューション』

…こんな価格でいいんですか?

激安特価のスマートフォンアフィリ教材
※リンクから専門のページに飛びます

 

■今回のメッセージ□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

iPhoneの「ブランド」についてはいうまでもないでしょう。

Apple社自体が大きいブランドですし、

iPhoneの認知度自体がすさまじいものです。

他のスマートフォンを持っていると、

「なんでiPhoneじゃないの!?」

など言われたことがあります。

 

もっと極端に言えば…

Androidスマートフォンを指して、

「あっ、コレiPhoneだよね」

とか言っちゃったりします。

べつに悪気があって言っている訳ではなく、

スマートフォンという言葉より「iPhone」

それで認知してしまっている訳ですね。

 

これってすごいですよね。

その商品自体が一定以上の存在価値を、

世間に提示していなければ成せないことです。

 

アフィリエイトに転化して考えてみるとどうでしょう。

何をブランドとしてとらえればいいのでしょうか?

 

いろんなものが頭に浮かぶかとおもいますが…

まず最も重要なのはおそらく。

「セルフブランディング」

これが必要になってくるでしょう。

 

たとえば、%%sei%%さんがランチを食べようとします。

ちょっと強引ですが、ハンバーガーが食べたくなりました。

どこに買いに行きますか?

いろいろと選択肢はあるでしょうが…
「マクドナルド」
というショップ名称が頭をよぎった人は多いはずです。

実際にそこに行くかはともかくとしても。

 

これは「マクドナルド」=「ハンバーガー」、

上記の等式が出来上がっているからです。

このイメージがセルフブランディングの一端です。

 

すなわち、この商品についてならあの店だ!

って思わせることが重要なんですね。