アフィリエイト初心者ガイド-序章-

アフィリエイトとは何かを知ろう!

アフィリエイトという言葉を、
最近目にする機会が多くなってきてます。

アフィリエイトで月10万円稼げます!
資産構築のためにアフィリエイトがオススメ!
という肯定的な意見もあれば、

アフィリエイトするならバイトのほうがマシ。
稼げるとかいう奴アフィカスだからw
という否定的意見もあります。

このフレーズから、
アフィリエイトというのは何かをして、
お金を稼ぐことと見受けられますね。

アフィリエイトとは広告宣伝

簡単にいってしまえば広告宣伝すること。
この一言に尽きます(笑)

まぁ、もう少し詳しく言うとですね。

まずアフィリエイトが成り立つために、
3つの存在があります。

・広告提供主

・広告代理店

・広告宣伝する人

それぞれの存在について、
軽く説明してみましょうか。

広告提供主

これは広告を出稿する企業のことですね。
スポンサーともいいます。

彼らが自社の商品を売り込むために、
電子媒体用の広告を出稿します。

ブログやツイッターなどで、
商品ページへ移動するリンクがありますが、
アレも広告の一部ということです。

提供主のメリットとしては、
自社が運営する媒体以外でも商品宣伝が出来、
そこから商品ページに入ってもらうことで、
販売する機会が増大するというところにあります。

広告代理店

一般的にASPといいます。
アフィリエイト・サービス・プロバイダの略称。

企業からの出稿広告を多数取り扱い、
広告宣伝したい人とこ広告提供主を繋ぐ存在。

広告代理店のメリットは、
出稿に伴う提供主からの手数料が利益となるところ。

広告宣伝する人

アフィリエイトする人のこと。
世間ではアフィリエイターと呼ばれます。

ASPに登録申請し許可が降りることで、
様々な広告を選べるようになります。

この広告を自分のブログやツイッターなどに貼り付け、
その広告をクリック・タップしてくれた人が、
商品購入までいきついた時に報酬が発生します。

広告宣伝する人のメリットは、
無料で広告を扱え、報酬を得ることができるところ。

3者間の流れによって成り立つ

この3者の関係の流れがあるので、
アフィリエイトという活動は成り立っているわけです。

ところで。
アフィリエイトってどういう人がやってるものなんでしょう?

気になりますよね。

次回は、
アフィリエイトをやってる人に関して書いていきます。