アフィリエイターと呼ばれる人々

アフィリエイト広告を宣伝する人たちは、

一般的にアフィリエイターと呼ばれています。

まぁまんまですけどね。

 

どんな人がアフィリエイターやってるの?

アフィリエイトは実にいろんな年代の人が、

様々な目的のために実践していますね。

・会社勤めの社会人

・専業主婦

・大学生

・フリーター

・定年退職後の人

 

お小遣い稼ぎでやってる人もいれば、

本業として、ビジネスとして取り組んでる人もいます。

彼ら、彼女ら全員がアフィリエイターです。

 

どんな目的で始めたのか?

アフィリエイトは別に壮大な目的を抱えてないと、

取り組めないわけではありませんので、

気軽に稼げそうだからと始めた人が多いです。

 

・ブランドバッグや財布、時計が欲しいから

・スマホゲームで高レアを出すために課金したいから

・月に一度家族で豪華な食事に出かけたいから

・企業に就職せずに独立して生きたいから

 

理由なんて人それぞれですが、

アフィリエイトは自分が販売者になるわけではなく、

仲介者のようなポジションに当たります。

 

在庫を抱えたり、店舗を運営したり…

そういう面倒なリスクを負わず気楽にできる。

その点から取り組み始める人もいます。

 

そんなに簡単に取り組めるのかな?

アフィリエイトを実践すること自体は、

それほど難しいことじゃないですね。

 

ブログやサイトを持っていれば、

その媒体の一部に広告を貼り付けるだけだし、

ツイッターフェイスブックで活動してる人もいます。

 

といっても実践するだけならという話で、

まとまったお金を稼ぐのであれば簡単ではありません。

そのためには知識とスキルは必要です。

 

アフィリエイターになって稼ぐために

アフィリエイトを取り組むにあたって、

主目的としてはお金を稼ぎたいという心があるはず。

そうでないと続かないですし。

 

ところでアフィリエイトで稼いでいる人って、

一体どのくらいいるのでしょうか?

 

次回は日本で稼いでいるアフィリエイター、

その割合などについて解説します。