やしろ塾で提唱している「ゲームせどり」
実際のところ稼げる方法なのか?
ちょっと検証してみましょう。

まず、せどりというジャンルは本やCDの転売ですが、
単価の高い本は滅多にありません。
CDはプレミアのつく価値のものが少ないですね。

そこをゲームソフトというジャンルで覆します。
ゲームは単価が比較的高めであり、
特典付きのプレミアものはマニア等特定の層に
かなりの高値で売れることもあります。

また、ゲームにも多彩なジャンルはありますが、
本と比べると割と絞られている方です。

加えてゲームソフト情報はネット上に転がりまくってます。

4gamerやファミ通などのサイトでレビューを見て、
新商品の発売日などから人気の傾向を掴むのもあり。

一例として、新商品がシリーズものの場合、
発売前に過去作が売れ行きを伸ばしたりなど。

あとは僕自身がゲーマーだった時代もあり、
その時はお金に糸目をつけずに購入しまくってました。

購入する人は1ヶ月に数十本買う人もいます。
それだけマニア層の購買力はすごいです。

そこをターゲットにできれば、成果は自ずと生まれます。

しかし、よくある間違えとして…
一般人のマニアック視点とマニアのマニアック視点は異なります。
購入すべきではないゲームもあります。

それらを踏まえて、最短で稼げるようになりたければ…
やしろ塾を利用すべきかなぁと思います。

ただし!
やしろ塾の入塾費用はかなり高いです。

貯金を叩き下ろす覚悟が必要かもしれません。
つまりそれだけの本気度が不可欠です。
どれだけ高額を払おうと、やる気のない人は稼げません。

でも、
数ヶ月、他に目を向けないくらいに頑張れるなら…
それだけの意思があるのであれば。

購入するだけの価値は、
数ヵ月後に安定した収入を得られることができるでしょうね。
それだけのポテンシャルのある塾といっておきましょう。

 

⇒ゲームせどり「やしろ塾」詳細ページ